近代世界システム(読み)きんだいせかいシステム

百科事典マイペディアの解説

近代世界システム【きんだいせかいシステム】

15世紀末以降に形成されてきた資本主義的世界経済をとらえるウォーラステインの概念。国際分業によって形成される〈中心core〉としての西欧に向かって,〈周辺periphery〉や〈半周辺semi-periphery〉としてのアジアやアフリカ,ラテン・アメリカから富が移動するという考え方。内在的矛盾に対する反システム運動が,社会主義政府の成立を導くという。新従属派の理論的前提として提示された。
→関連項目大航海時代帝国主義プランテーション

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代世界システムの関連情報