近思録崩れ(読み)きんしろくくずれ

世界大百科事典 第2版の解説

きんしろくくずれ【近思録崩れ】

江戸時代後期,薩摩藩の事件。1787年(天明7)斉宣が島津家27代のをついだが,前代重豪(しげひで)の開化進取政策により財政破局に向かっていた。斉宣は1807年(文化4)近思録派(《近思録》を愛読し,実践を重んずる党派)を起用し,徹底的な緊縮政策を実施し,重豪の新規政策をことごとく却した。激怒した重豪は翌08年樺山・秩父ら50人ばかりの党類切腹,遠島,寺入りを命じ,斉宣を隠居させての斉興に襲封させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android