コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党類 トウルイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐るい〔タウ‐〕【党類】

なかま。徒党

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうるい【党類】

なかま。くみ。徒党。同類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の党類の言及

【党】より

…党の性格は多様で,かつ時代の推移にともなって変化しているため,固定的にとらえることは困難である。武士の党が発生する以前に,平安時代には〈党類〉〈群党〉などの用法がみられ,さらに〈僦馬党(しゆうばのとう)〉の存在があり,中世にも〈悪党〉などと用いられている。これらの〈党〉という言葉の意味は,いずれも〈むれ〉〈集団〉に対する呼称であり,その場合,構成員間の結合した組織体的性格は希薄である。…

※「党類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

党類の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨石川五右衛門建武式目条々コシャマイン近思録崩れ藤原仲麻呂僦馬の党階級政党大衆政党阿知使主武蔵七党北畠材親日向通良東漢氏渡来人誘動同類漢部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android