コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口 げんこう blastopore

翻訳|blastopore

5件 の用語解説(原口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原口
げんこう
blastopore

発生過程で嚢胚期(→嚢胚)の原腸の開口部。嚢胚形成の際,胚表の組織が入り込む通路となる。原口の縁を原口唇といい,両生類では,その背唇部はオルガナイザーとして働く。刺胞動物では,原口はそのまま食物の取入口で,不消化物の排出孔でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げん‐こう【原口】

動物の発生初期に、嚢胚(のうはい)のくぼみの部分(原腸)が外界に通じて開口した部位。成体になったとき、これが口になるものを先口動物、肛門になるものを後口動物という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原口【げんこう】

多細胞動物の初期発生において,原腸形成の際,細胞が胚内に移動するための陥入個所。つまり原腸の入口。後生動物は原口がそのまま口となる旧口動物(環形・軟体・節足動物)と原口が肛門となり口が別に開く新口動物(棘皮(きょくひ)・脊椎動物)に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんこう【原口】

動物の胚発生の胞胚期終了後、囊胚形成時に生ずる細胞の陥入口。原腸が外部へ開く部分。先口動物では原口が成体の口になり、後口動物では原口またはその付近が肛門になる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原口
げんこう

動物発生における原腸胚(げんちょうはい)の陥入口をいう。原腸は内胚葉性細胞であるが、脊椎(せきつい)動物などでは原腸の動物極側は原腸蓋(がい)(脊索中胚葉)で覆われている。原腸蓋はやがて内胚葉細胞で裏打ちされる。原腸は消化管となり、原口で外に通じる。腔腸(こうちょう)動物では原口が口と排出口を兼ねるが、そのほかの後生動物は原口が口になるものと肛門(こうもん)になるものに分かれる。扁形(へんけい)動物、紐形(ひもがた)動物、線形動物、環形動物、節足動物、軟体動物などは原口が口となり、肛門は別に開口するため旧口(前口)動物といわれる。一方、毛顎(もうがく)動物、棘皮(きょくひ)動物、原索動物、脊椎動物は原口が成体の肛門になるか、原口がいったん閉じてその付近に新しく肛門が生じ、口は別に開くので新口(後口)動物とよばれる。[嶋田 拓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原口の言及

【形成体】より

…両生類の卵は受精すると分裂を重ねやがて中腔の胞胚となる。さらに発生が進むと胞胚の植物極側の1ヵ所で,表層の組織が内側に陥入をはじめ口唇状の原口blastoporeができる。原口の上唇部は陥入すると脊索や中胚葉を形成するほか,隣接する外胚葉を神経板neural plateに誘導する。…

【形態形成】より

…この過程は単に胚の一部で細胞の集団が内側の腔所に落ち込むといった単純なものではなく,胚体全域におよぶきわめて複雑な造形運動なのである。原口blastoporeの形成がはじまると,まず動物極側で細胞が集団をなして植物極側を包み込むように移動し,原口から順次胞胚腔に向かって流入する。このような変化がしだいに植物極側におよんでいく。…

【原腸】より

…その形は,無脊椎動物においては比較的単純な椀状または先の閉じた筒状であるが,両生類以下の脊椎動物では背腹にいちじるしい差を生じ,背側に隣接する外胚葉に神経組織を誘導する。原腸が入り込んでできた腔所の開口部は原口blastoporeとよばれ,旧口動物(ミミズ,貝類など)ではそのまま成体の口を形成するが,新口動物(ウニ,脊椎動物など)では幼生または成体の肛門となる。節足動物および脊椎動物の一部(爬虫類,鳥類,哺乳類)では原腸は作られない。…

※「原口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原口の関連キーワード原腸桑実胚内胚葉発生胞胚陥入極性桑実期多細胞多細胞動物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原口の関連情報