破局(読み)はきょく

精選版 日本国語大辞典「破局」の解説

は‐きょく【破局】

〘名〙
① 事がまとまらないで、れること。行きづまって収拾のつかない面。
※肉体の悪魔(1946)〈田村泰次郎〉「君は君自身をどんな破局にみちびかないでもないといふことについて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「破局」の解説

は‐きょく【破局】

事態が行き詰まって、関係・まとまりなどがこわれてしまうこと。また、その局面。悲劇的な終局。「結婚生活が破局を迎える」
[補説]書名別項。→破局
[類語]離婚離別破婚離縁不縁破鏡三下り半別れる暇を出す暇をやる

はきょく【破局】[書名]

遠野遥小説。令和2年(2020)発表。ある大学生の生活や恋愛を描く。第163回芥川賞受賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「破局」の解説

破局

遠野遥による小説。2020年刊行。第163回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android