コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近思録 きんしろく Jin-si-lu

6件 の用語解説(近思録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近思録
きんしろく
Jin-si-lu

中国,宋の儒者朱子と呂東らいの共編になる書。 14巻。淳煕3 (1176) 年刊。周濂渓 (しゅうれんけい) ,程明道,程伊川,張横渠 (ちょうおうきょ) の著書や語録から重要な章句 622条を抜粋,14部門に分類編纂している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんしろく【近思録】

中国、宋代の思想書。14巻。朱熹(しゅき)呂祖謙(りょそけん)の共編。1176年ころ編。周敦頤(しゅうとんい)程顥(ていこう)程頤(ていい)張載(ちょうさい)らの文章を14部門に分類して収める。宋学の入門書とされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

近思録【きんしろく】

中国,南宋の朱熹(朱子)と呂祖謙とが編んだ書物。北栄の周敦頤(濂渓),程【こう】(明道),程頤(伊川),張載(横渠)の著書から622条を選び,14巻に配列。書名は《論語》子張篇の〈切問而近思〉(切に問いて近く思う)に由来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんしろく【近思録 Jìn sī lù】

中国,南宋の朱熹(しゆき)が友人の呂祖謙と共に編纂した,北宋の道学(宋代に起こった新儒教)者の選集。題名は《論語》子張篇,〈博く学んで篤(あつ)く志し,切に問いて近く思う〉にもとづく。内容は,北宋の4人の道学者,周濂渓(しゆうれんけい)(周敦頤),程明道(ていめいどう)(程顥),程伊川(ていいせん)(程頤),張横渠(ちようおうきよ)(張載)の著作や語録のなかから,道学を修めるうえで重要な語を抜粋し,項目別に再構成したもので,道学への格好の入門書として,中国のみならず日本・朝鮮で広く読まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんしろく【近思録】

中国、宋代の哲学書。一四巻。朱熹しゆき・呂祖謙りよそけん編。1176年刊。北宋の代表的な哲学者、周濂渓れんけい・程明道・程伊川・張横渠おうきよの言葉の中から、初学者に適当なものを選び、分類して編集したもので、宋学の入門書として必読のものとなった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近思録
きんしろく

14巻。中国、南宋(なんそう)の朱熹(しゅき)(朱子)が友人呂祖謙(りょそけん)(東莱(とうらい))の協力を得て編集した書。朱熹の序文には1175年に10日ほどでつくりあげたとあるが、さらに何度も手を加えて3年後に完成した。北宋の四子――周敦頤(とんい)(濂渓(れんけい))、程(ていこう)(明道)、程頤(ていい)(伊川(いせん))、張載(ちょうさい)(横渠(おうきょ))の4人の学者――の遺著・語録のなかから重要な箇条を選び、「道体」「為学の大要」以下「聖賢の気象」に至る14項に分けて622条を収録した。書名は『論語』の「博(ひろ)く学んで篤(あつ)く志し、切に問うてう」からとった。朱子学が盛行するに伴い、宋学の入門書として中国でも日本・朝鮮でも広く読まれた。注釈としては、南宋の葉采(しょうさい)の『近思録集解(しっかい)』と清(しん)の江永の『近思録集注(しっちゅう)』が主要なものである。[山本 仁]
『湯浅幸孫編『中国文明選4・5 近思録』(1972・朝日新聞社) ▽鈴木由次郎編『朱子学大系 第9巻 近思録』(1974・明徳出版社) ▽市川安司編『新釈漢文大系37 近思録』(1975・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近思録の言及

【朱熹】より

…その門生たちに与えた最後の言葉は,〈あいともに堅苦の工夫(修業)をせよ〉であったという。著書には《四書集注(しつちゆう)》《近思録》《名臣言行録》《小学》《詩集伝》《周易本義》《儀礼(ぎらい)経伝通解》などがあるほか,詩や手紙などを収めた《朱文公文集》や,弟子との問答録《朱子語類》が伝わる。【三浦 国雄】。…

※「近思録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近思録の関連キーワード蔡元定朱子学太極通鑑綱目道統白鹿洞書院呂祖謙朱陸東莱左氏博義張栻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone