コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松勘六 ちかまつ かんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松勘六 ちかまつ-かんろく

1670-1703 江戸時代前期の武士。
寛文10年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ馬廻(うままわり)をつとめる。仇(あだ)討ちにくわわり,元禄(げんろく)16年2月4日切腹。34歳。名は行重(ゆきしげ)。変名は森清助,田口三助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近松勘六の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧奥田貞右衛門近松行重赤穂義士甚三郎

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android