コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松梅枝軒 ちかまつ ばいしけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松梅枝軒 ちかまつ-ばいしけん

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
寛政-享和(1789-1804)のころ大坂で出版を生業としながら「日吉丸稚桜(ひよしまるわかぎのさくら)」「日吉丸二度清書」などで近松柳の助作者をつとめた。また梅枝軒泊鶯(はくおう)の名で役者評判記をかく。通称は和泉屋(いずみや)卯作。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近松梅枝軒の言及

【玉藻前曦袂】より

…角書〈絵本増補〉。近松梅枝軒,佐川藤太作。1806年(文化3)3月大坂御霊境内芝居初演。…

※「近松梅枝軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近松梅枝軒の関連キーワード玉藻前曦袂