コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松門喬 ちかまつ もんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松門喬 ちかまつ-もんきょう

?-1802ごろ 江戸時代後期の歌舞伎作者。
近松徳三門下。大坂の宮地芝居の作者となり,寛政9年から京都早雲(はやくも)座の立作者をつとめる。11年江戸市村座立作者となり「媠皠雪世界(うつくしきゆきのせかい)」などを合作。お家物,世話物にすぐれ,長唄などの作詞もした。享和2年4月ごろ死去。別名に森田門喬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近松門喬の関連キーワードグエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜カノーバ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android