コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江屋佐平次 おうみや さへいじ

1件 の用語解説(近江屋佐平次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江屋佐平次 おうみや-さへいじ

?-? 江戸時代中期の商人。
田沼意次(おきつぐ)が側用人・老中をつとめた時代(1767-86)の十八大通ひとりで,札差。江戸天王町一番組に属して浅草にすむ。茶番狂言の名人として知られた。初名は清兵衛。号は景舎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の近江屋佐平次の言及

【十八大通】より

…江戸中期の明和~天明(1764‐89)ごろに,豪奢な消費ぶりを誇って通人を気どった一群の江戸富裕商人をいう。大口屋治兵衛暁雨,大口屋八兵衛金翠,近江屋佐平次景舎,下野屋十右衛門祗蘭ら浅草蔵前の札差や,大黒屋秀民,松坂屋草嘉ら吉原娼家の主人のほか,村田屋帆船(国学者),桂川甫周(医師),樽屋万山(町年寄)らがいた。〈十八〉は福数で,必ずしも18人が特定されていたわけではない。…

※「近江屋佐平次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone