コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近点年 きんてんねんanomalistic year

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近点年
きんてんねん
anomalistic year

地球が近日点を通過して再び近日点に達するまでの時間。近日点順行のため,1太陽年より長く,365日6時間 13分 53秒である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんてん‐ねん【近点年】

地球が近日点を通過してから再び近日点を通過するまでの時間。近日点が地球の公転方向に移動するため、恒星年より長く、365.259643日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

近点年【きんてんねん】

地球が近日点を通過してから次に再び通過するまでの時間。365.2596日。近日点が約10万年で地球を1周する周期で前進するため恒星年より約4分半長い。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんてんねん【近点年 anomalistic year】

太陽のまわりの地球の公転運動において,地球がその軌道上の近日点(太陽にもっとも近い場所)を出発し,軌道を一周して再び近日点に戻るまでの時間間隔をいう。365.2596日,あるいは365日6時13分53秒である。恒星年より約4分半長いのは,地球に働く諸惑星の摂動により,近日点が約10万年で地球を一周する周期で前進するためである。【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんてんねん【近点年】

地球が近日点を通って再び近日点に戻るまでの時間の平均値。365日6時間13分53秒(紀元2000年の値)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近点年
きんてんねん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone