コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒星年 こうせいねんsidereal year

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒星年
こうせいねん
sidereal year

地球が,恒星に対してある点から再び同じ点まで戻る時間,つまり太陽の周囲を1公転する時間。観測のうえでは,恒星天に対して太陽が天球上を1周するに要する時間。春分点が東から西へ動くため,恒星は春分点によってはかられる太陽年よりやや長く,約 365日6時間9分 10である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐ねん【恒星年】

ある恒星に対して地球が太陽の周りを1周する時間。太陽が天球上を完全に1周する時間。365.256360日で、太陽年より約20分長い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

恒星年【こうせいねん】

地球が恒星に対して太陽のまわりを1回公転するのにかかる時間。365.2564日。つまり太陽が天球上を完全に一周してもとの位置にもどるまでの時間。春分点が黄道上を逆行するので,恒星年は春分点を基準とする太陽年より長い。
→関連項目近点年

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいねん【恒星年 sidereal year】

地球の恒星に対する公転周期をいう。地球の上で観測すれば,太陽が年周運動によって天球を正確に360度の移動をして,元の位置に戻るのに要する時間である。365.2564日,あるいは365日6時間9分9秒である。地球に働く諸惑星の摂動によって,恒星年の長さは1万年に1秒の割合で長くなる。【堀 源一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいねん【恒星年】

太陽が恒星に対して、黄道上を一周する時間。一恒星年は365.2564日。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒星年
こうせいねん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の恒星年の言及

【歳差】より

…地球の歳差運動によって起こる太陽年(回帰年)と恒星年の1年の差,または〈こま〉や地球の歳差運動のこと。 ニカエアのヒッパルコス(前190ころ‐前125ころ)は自分の恒星位置の観測と,150年前のアレクサンドリアのティモカリスの観測とを比較して,その位置の変化に気がついた。…

※「恒星年」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恒星年の関連キーワードハーシェル(Sir Frederick William Herschel(1738―1822))ヒッパルコス[ニカイア]ヒッパルコス会合周期暦表時食年歳差

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android