コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤元粋 こんどう げんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤元粋 こんどう-げんすい

1850-1922 明治-大正時代の漢学者。
嘉永(かえい)3年生まれ。近藤名洲の3男。藤野海南,芳野金陵(きんりょう)にまなぶ。明治37年大阪で風騒(ふうそう)吟社をおこした。大正11年1月4日死去。73歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。字(あざな)は純叔。号は南洲,蛍雪軒。著作に「日本外史講義」「蛍雪軒叢書(そうしょ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤元粋

没年:大正11.1.4(1922)
生年:嘉永3(1850)
明治時代の儒学者,漢詩人。名は元粋,字は純叔,号は南洲,蛍雪軒。愛媛県松山の人。初め藤野海南に従い,のち芳野金陵に就いて漢学を修めた。27歳で大阪に居を移して猶興書院と称した。明治29(1896)年京都に赴き,皆川淇園隠棲の地に留まって文筆の業に従事,37年門人らの懇請により大阪に帰り,風騒吟社を起こして諸生を教えた。文に長じ,詩書をよくし,また墨画を作った。著書は『箋註十八史略』『増註小学纂要』『日本政記訓纂』『日本外史講義』『新戦国史略』『箋註唐賢詩集』『明清八大家文読本』『蛍雪軒叢書』『蛍雪軒論画叢書』ほか多数。

(水田紀久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

近藤元粋の関連キーワード池田蘆洲漢学者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android