コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風騒 フウソウ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐そう〔‐サウ〕【風騒】

《「」は「詩経」国風、「」は「楚辞」離騒。ともに詩文の模範とされたところから》詩文を作ること。また、詩文を味わい楽しむこと。
「此関は三関の一にして、―の人、心をとどむ」〈奥の細道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうそう【風騒】

〔「風」は「詩経」の国風、「騒」は「楚辞」の離騒の意。ともに詩文の模範とされたことから〕
詩歌をつくること。また、自然や詩歌に親しむ風流。 「此の関は三関の一にして、-の人、心をとどむ/奥の細道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風騒の言及

【騒】より

…騒体の文学の受容とその特質については《文心雕竜(ぶんしんちようりよう)》弁騒篇に詳しい。後世,騒の概念をより広く用いて,古典的な文学作品を〈風騒〉(風は《詩経》の国風)と呼び,文学者を〈騒人〉と呼んだりもする。【小南 一郎】。…

※「風騒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風騒の関連キーワード台風十三号始末記多々良 純山形 雄策佐田 啓二いささ小笹近藤 元粋近藤元粋山本薩夫佐藤太清近藤南州真葛原嘯く詩歌天色

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android