コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤文渓 こんどう ぶんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤文渓 こんどう-ぶんけい

1772-1824 江戸時代後期の医師。
安永元年生まれ。近藤華渓の子。近藤魯渓の父。堺の人。家業をついで医師となり,名医としてきこえた。文政7年5月11日死去。53歳。名は明。字(あざな)は隆昌著作に「摂生談」「藤氏医談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

近藤文渓の関連キーワードスマローコフ噺本蕪村ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち本多髷工藤平助グルベアワイアット鹿の子餅・鹿の子餠

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android