近藤華渓(読み)こんどう かけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤華渓 こんどう-かけい

?-1797 江戸時代中期-後期の医師。
近藤文渓の父,魯渓の祖父紀伊(きい)の人。近藤宗賢にまなび,堺で開業。儒学にも通じ,朝鮮通信使問答をしたという。寛政9年2月死去。本姓水野。名は章。字(あざな)は隆昌編著に「古方類苑」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android