コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤瓶城 こんどう へいじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤瓶城 こんどう-へいじょう

1832-1901 幕末-明治時代の漢学者。
天保(てんぽう)3年2月19日生まれ。三河(愛知県)岡崎藩儒。維新後,藩校允文館学監などをつとめ,のち「群書類従」に未収録の史籍の刊行をめざし,東京に近藤活版所をつくる。明治14年から全538巻の「史籍集覧」を出版した。明治34年7月19日死去。70歳。本姓は安藤。名は宗元。字(あざな)は君元。通称は圭造,元三郎。別号に省斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の近藤瓶城の言及

【史籍集覧】より

…刊誤2冊を出版する予定であったらしい。編者は岡崎藩の儒者近藤瓶城(宗元,1832‐1901)。古典保存の目的で《群書類従》に漏れた諸書を通記,編録,類聚,雑纂等に分けて収録。…

※「近藤瓶城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤瓶城の関連キーワード[各個指定]芸能部門ノルデンシェルドイギリス史(年表)ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンドシカゴ・ホワイトソックスノルデンショルド