コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤雪竹 こんどう せっちく

美術人名辞典の解説

近藤雪竹

書家。名は富寿、字は青卿。江戸生。日下部鳴鶴・巌谷一六門人。最も隷書を得意とし、比田井天来丹羽海鶴と共に三羽烏として知られた。逓信省に勤務。書道奨励会審査員・日本書道会及び文墨協会幹事として書道に貢献した。昭和3年(1928)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤雪竹 こんどう-せっちく

1863-1928 明治-大正時代の書家。
文久3年6月20日生まれ。日下部鳴鶴(くさかべ-めいかく)に中国の漢魏六朝の碑法帖をまなぶ。隷書(れいしょ)にすぐれ,比田井天来(ひだい-てんらい)らとともに門下の三羽がらすといわれた。昭和3年10月14日死去。66歳。江戸出身。名は富寿。字(あざな)は考卿。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤雪竹の関連キーワード菅谷 幽峰辻本 史邑松本 芳翠辻本史邑松本芳翠安東聖空大正時代菅谷幽峰高畑翠石川谷尚亭沖六鵬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android