コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛尚通公記 このえひさみちこうき

世界大百科事典 第2版の解説

このえひさみちこうき【近衛尚通公記】

中世後期の公家近衛尚通の日記。1506年(永正3)から32年(天文1)にわたる自筆本18巻が陽明文庫に所蔵されている。その法号から《後法成寺関白記》とも称す。尚通は政家の後継者として近衛家の当主となり,関白,太政大臣を歴任し,公家社会の中枢に位置した。記述は当時の公家社会の全般におよび,室町時代末期の公家の生活状態を物語る重要史料である。【小泉 宜右】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近衛尚通公記の関連キーワードザビエルアフォンソ燕山君ツウィングリ燕山君フェリペ1世(美麗王)フサイン・バイカラコペルニクス県の地域医療再生計画稲叢山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android