コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦毘羅衛 カビラエ

大辞林 第三版の解説

かびらえ【迦毘羅衛】

ネパールの中央部、紀元前六世紀頃ヒマラヤ山脈の南麓にあった釈迦しやか族の都城、およびその部族国家。釈迦牟尼の出生地。迦毗羅衛。迦毘羅城。カピラバストゥ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の迦毘羅衛の言及

【カピラバストゥ】より

…〈カピラ〉はサーンキヤ(数論)学派の伝説的祖の名で〈バストゥ〉は住所を意味し,〈黄頭仙人住処〉と訳す。また迦毘羅衛(迦惟羅越)(かぴらえ)と音写される。釈尊晩年にはシュラーバスティー(舎衛国)に滅ぼされて衰亡した。…

※「迦毘羅衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

迦毘羅衛の関連キーワード部族国家浄飯王出生地迦毘羅舎衛羅城南麓

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android