コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送(り)付け商法 オクリツケショウホウ

デジタル大辞泉の解説

おくりつけ‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【送(り)付け商法】

代金引換郵便宅配便を悪用し、消費者が注文していない商品を勝手に送りつけ、代金を請求する悪質な商法ネガティブオプション。代引き詐欺。
[補説]こうした商品に代金を支払う義務はなく、配達時に受け取りを拒否できる。商品を受け取ってしまった場合も、特定商取引法第59条により、購入を承諾しない限り代金を支払う必要はなく、受け取った日から14日間(業者に商品の引き取りを請求した場合は7日間)保管した後、自由に処分できる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

送(り)付け商法の関連キーワード義務補説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android