コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆ポーランド記法 ぎゃくぽーらんどきほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

逆ポーランド記法

数式を記述する方法のひとつで、被演算子の後に演算子を配置する。後置記法とも呼ぶ。たとえば、a+bという数式は、ab+と表現する。コンパイラーが演算式を解析するために用いる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐ポーランドきほう〔‐キハフ〕【逆ポーランド記法】

reverse polish notation》コンピューターのプログラムで、数式を記述するとき、演算子(オペレーター)を被演算子(オペランド)のうしろに置く記法。通常「X+Y」と書かれる数式は、「X Y +」と記述する。名称はポーランドの論理学者ヤン=ウカシエビッチが考案したことによる。後置記法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゃくポーランドきほう【逆ポーランド記法】

A+B を AB+と記述するなど、演算記号を演算対象の後に置く代数表記法。後置記法。 RPN 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逆ポーランド記法の関連キーワードポーランド記法演算記号RPN

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android