逆ポーランド記法(読み)ぎゃくぽーらんどきほう

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐ポーランドきほう〔‐キハフ〕【逆ポーランド記法】

reverse polish notation》コンピューターのプログラムで、数式を記述するとき、演算子(オペレーター)を被演算子(オペランド)のうしろに置く記法。通常「X+Y」と書かれる数式は、「X Y +」と記述する。名称はポーランドの論理学者ヤン=ウカシエビッチが考案したことによる。後置記法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゃくポーランドきほう【逆ポーランド記法】

A+B を AB+と記述するなど、演算記号を演算対象の後に置く代数表記法。後置記法。 RPN 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android