コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆ポーランド記法 ぎゃくぽーらんどきほう

3件 の用語解説(逆ポーランド記法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

逆ポーランド記法

数式を記述する方法のひとつで、被演算子の後に演算子を配置する。後置記法とも呼ぶ。たとえば、a+bという数式は、ab+と表現する。コンパイラーが演算式を解析するために用いる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐ポーランドきほう〔‐キハフ〕【逆ポーランド記法】

reverse polish notation》コンピューターのプログラムで、数式を記述するとき、演算子(オペレーター)を被演算子(オペランド)のうしろに置く記法。通常「X+Y」と書かれる数式は、「X Y +」と記述する。名称はポーランドの論理学者ヤン=ウカシエビッチが考案したことによる。後置記法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゃくポーランドきほう【逆ポーランド記法】

A+B を AB+と記述するなど、演算記号を演算対象の後に置く代数表記法。後置記法。 RPN 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆ポーランド記法の関連キーワード演算子演算装置オペランドオペレーター条件式演算子法被演算子ベーテ‐ゴールドストーンの方程式ラプラス‐ベルトラミ演算子抽選償還

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone