コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆同時計数法 ぎゃくどうじけいすうほうanticoincidence method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆同時計数法
ぎゃくどうじけいすうほう
anticoincidence method

同時計数法とは逆に2個以上の計数管に同時に粒子が入射した場合を除外して計数する方法。同時計数回路と組合せ,素粒子宇宙線原子核の実験に広く使用されている。微弱放射能測定において宇宙線や自然放射能の影響を除去するのに不可欠な方法である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android