コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然放射能 しぜんほうしゃのう natural radioactivity

2件 の用語解説(自然放射能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然放射能
しぜんほうしゃのう
natural radioactivity

地上物質に本来含まれるウラン系列トリウム系列アクチニウム系列,およびカリウム 40などの放射性核種放射能をいうが,炭素 14やトリチウムなど宇宙線が核反応でつくる放射性核種の放射能も加えることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐ほうしゃのう〔‐ハウシヤノウ〕【自然放射能】

天然放射能

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然放射能の言及

【ベクレル】より

…96年初頭X線発見の知らせを受けると,X線管中で陰極線のあたる蛍光壁からX線が発生することに注目し,ある種の蛍光物質からは同様な放射線が放出されているのではないかと考えた。そしてリン光を発するウラン塩を使用した実験から,ウラン元素そのものに由来すると考えられる新種の放射線(ベクレル線と命名された)を発見(1896),自然放射能の存在を明らかにした。続いて,この放射線の電離作用や,電場・磁場中での屈曲実験などを行い,その性質がX線と異なることも確かめた。…

※「自然放射能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然放射能の関連キーワードアクチニウム系列アクチノウラン系列ウラン系列核物質トリウム系列崩壊系列ウランラジウム系列天然放射性核種天然放射性元素ウラン・ラジウム系列

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone