コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆資産効果 ぎゃくしさんこうか

4件 の用語解説(逆資産効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆資産効果
ぎゃくしさんこうか

債券や株式,不動産の資産価格の上昇や物価の下落は,人々の保有する実質資産残高を増加させ,ストックの実質的購買力をも増大させる。それはまた人々の消費を刺激する。この効果を資産効果という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

逆資産効果

株式や土地などの資産価格が急速に下落すると、消費が減少して、景気後退を招くこと。「逆」という言い方をするのは、バブル期の日本のように資産価格が上がり、消費が刺激される時と対照的な表れ方をするからである。「消費を決定する要因は何か」という点をめぐっては、経済学者の間で必ずしも意見が一致しているわけではないが、経済企画庁(現・内閣府)は、1991年から93年にかけて資産価格の下落が、家計の消費を年平均0.8%程度減少させたと推計したことがある。この影響は、個人金融資産の中で株式や投資信託の占める比重が日本よりも大きい米国では、さらに大きくなる。米国の連邦準備制度理事会(FRB)も金利政策の運用にあたってこの効果を注視している。

(石見徹 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐しさんこうか〔‐シサンカウクワ〕【逆資産効果】

資産価値の下落によって消費支出が抑制されること。→資産効果

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎゃくしさんこうか【逆資産効果】

保有する土地や株式などの資産価格や資産残高の実質価値が下がり、それが個人消費・住宅投資・設備投資などを抑制する現象。 → 資産効果

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逆資産効果の関連キーワード含み資産地価バブルブレークダウン資産価格バブル資産バブルノックイン・オプション(knockin option)押し目原資産価格投資有価証券

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逆資産効果の関連情報