コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内需 ないじゅdomestic demands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内需
ないじゅ
domestic demands

国内需要のこと。国民所得統計上の用語で,民間最終消費支出 (個人消費) ,民間住宅,民間企業設備 (設備投資) ,民間在庫品増加,政府最終消費支出,公的固定資本形成 (公共投資) ,公的在庫品増加の7分野から構成される。これに外需 (経常海外余剰) を加えたものが総需要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

内需

内需は国内需要、外需は海外需要(=財貨・サービスの純輸出)の略。国内需要は民間最終消費支出(個人消費)、民間住宅投資、民間企業設備投資、民間在庫投資から成る民間需要と政府最終消費支出、公的固定資本形成(公共投資)、公的在庫投資からなる公的需要との合計である。国内総生産(GDP)は内需と外需との合計であるが、それぞれが経済成長(GDPの増加率)にどれだけ貢献したかを測る尺度が寄与度である。GDP増加率=内需寄与度+外需寄与度=内需増加額÷前期のGDP+外需増加額÷前期のGDP。国民経済計算(=国民経済計算体系)上の財貨・サービスの純輸出と国際収支表の経常収支は概念的には等しい。上記の式から、一定の経済成長率を保ち、国際収支の黒字を減らすには、内需主導の経済成長を実現する必要があることが分かる。なお外需とは商品輸出のみを指すこともある。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ない‐じゅ【内需】

国内の需要。「内需拡大」⇔外需

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないじゅ【内需】

輸出によらない国内の需要。 ↔ 外需

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内需の関連キーワードクラウディング・アウト効果(crowdingstock inflationディマンド・スイッチング労働力需給の引き締まり社会資本整備事業予算国内需要デフレーターエネルギー有効活用経済運営5ヵ年計画新・前川レポート新設住宅着工戸数内需主導型景気アジアNIES外需依存型産業オフショア生産アクティビスト家庭用電気機器東京通貨会合景気の二面性総合経済対策前川リポート

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内需の関連情報