コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆輸入車 ぎゃくゆにゅうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆輸入車
ぎゃくゆにゅうしゃ

日本のメーカー海外で生産し,日本に輸入した自動車。自動車摩擦が叫ばれ,日本のメーカーが海外で生産を始めた 1980年代中頃から生じた現象。当初は海外仕様という珍しさが消費者に喜ばれた。第1号は本田技研工業の「アコードクーペ」で,本来はアメリカ市場専用に開発されたモデルである。また三菱自動車工業クライスラーとの合弁会社がアメリカで製造した輸入車「エクリプス」は 90年に人気を集めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

逆輸入車の関連キーワード逆輸入マーケット左ハンドル右ハンドル

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android