コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通し柱 とおしばしら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通し柱
とおしばしら

木造の2階建て以上の建物で,土台から敷桁まで継がずに1本ので通したをいう。これに対して,途中で桁などを水平材の位置で切って継いだ柱を管柱 (くだばしら) という。通し柱は,木造建築物の建て方のときの定規にもなり,管柱と比べて耐力的にもすぐれている。一般に建物の隅などの要所には通し柱を使うが,その他は管柱を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とおし‐ばしら〔とほし‐〕【通し柱】

木造建築で、土台から軒桁(のきげた)まで通した継ぎ目のない柱。→管柱(くだばしら)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

通し柱

木造の2階建て以上の建物で、土台から軒桁までを1本もので通した柱。構造的には重要な役割を果たす柱で、一般の管柱より太い柱が用いられ、建物の隅柱をはじめ、要所に設けられる。→管柱(くだばしら)

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

とおしばしら【通し柱】

土台から二階の軒桁まで継ぎ目なしに一本で通した柱。 ↔ 管柱くだばしら

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

通し柱の関連キーワード彦根城跡胴差し御神楽胴差

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通し柱の関連情報