コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通様相性現象 つうようそうせいげんしょう intermodality

1件 の用語解説(通様相性現象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通様相性現象
つうようそうせいげんしょう
intermodality

視覚,聴覚,触覚など,それぞれの感覚系内で生じる知覚体験を総称してモダリティ,様相などと呼ぶが,これらの異なる感覚様相の間に相互影響が現れる現象をさす。「黄色い声」「暗い音」などの語が示すように,ある種の感覚的性質が異なる感覚様相間に共通して認められる場合と,臨界融合頻度の閾値が不協和音聞かせると上昇し,協和音で低下するように,ある感覚様相内での知覚過程が,ほかの感覚様相の影響を受ける場合とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通様相性現象の関連キーワード共感覚各部感覚中枢五感流流それぞれの終楽章それぞれの断崖解離性感覚脱失特異的被刺激性の法則感覚ミュージアム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone