コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共感覚 キョウカンカク

デジタル大辞泉の解説

きょう‐かんかく【共感覚】

音を聞くと色が見えるというように、一つの刺激が、それによって本来起こる感覚だけでなく、他の領域の感覚をも引き起こすこと。→色聴(しきちょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

共感覚【きょうかんかく】

一つの感覚が他の異なる領域の感覚をひき起こす現象。synesthesiaの訳。典型的なものは,特定の音を聞くとそれに対応した特定の色が見えるという色聴の現象である。
→関連項目色聴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかんかく【共感覚 synesthesia】

ある刺激に対して,その本来の感覚に,ほかの感覚が伴って生ずる現象。外界からの刺激は目,耳などのそれぞれ固有の感覚受容器を通って,視覚,聴覚などの感覚属性がもたらされる。こうしたさい,ときには一つの感覚受容器からもたらされる感覚属性の感覚(一次感覚)が他の種類の感覚属性の感覚(二次感覚)をもたらすことがある。たとえば音をきいて色が見える(色聴)人がいる。このように,一つの感覚系統に属する直接の反応のほかに,本来,その感覚器以外の系統に属する感覚反応が起こる現象が共感覚である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかんかく【共感覚】

〘心〙 ある一つの刺激が、それ本来の感覚だけでなく、別の感覚をも同時に生じさせる現象。音を聴いて色を感じる類。 → 色聴しきちよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共感覚
きょうかんかく

通様相性現象」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共感覚
きょうかんかく
synesthesia

音を聞くと色が見えたり、味に色を伴ったりするなどのように、ある一つの感覚受容器に刺激が与えられたとき、他の種類の感覚が影響を受けて、その感覚に対応する刺激も与えられているように感じる現象。とくに、ある調子の音を聞くと、その音に結び付いて一定の色を感じることを色聴という。しかし高い音には明るい色、低い音には暗い色が、目に見えるように感じるといった典型的な共感覚保持者はきわめてまれであるが、ときには一般の人にも共感覚と類似する現象がみられることもある。たとえば、黄色い声、甘いささやきのように感覚領域の違うものを連想するとか、高い音で色が輝きを増すように感じるとか、などである。[今井省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の共感覚の言及

【幻覚薬】より

…身体面では,めまい,脱力感,震え,吐き気,目のかすみがある。知覚変化は,色や形が変わって見える,焦点がぼける,音に敏感,音がすると色が見える(共感覚)など。気分変化には,幸福感,もの悲しさ,いらいら,緊張感がある。…

※「共感覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共感覚の関連情報