コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通経剤 ツウケイザイ

デジタル大辞泉の解説

つうけい‐ざい【通経剤】

通経のための薬。ふつうは子宮収縮を促す植物性下剤が用いられる。催経剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうけいざい【通経剤】

とどこおっている月経を促進させる薬剤。通経薬。催経剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通経剤
つうけいざい

催経剤ともいい、月経を促進する薬剤で、月経困難や月経不順に用いる。堕胎薬として乱用すると危険なものが多い。普通はアロエのような植物性下剤または卵胞ホルモンが用いられる。植物性下剤は大腸を刺激して骨盤臓器の充血、子宮の収縮を促し、月経を促進させる。一般用薬として市販されているものは、漢方処方を基礎としたもの、アロエ、サフラン、ケンゴシ、ダイオウ、トウキ、センキュウ、ブクリョウ、ベニバナなどの生薬(しょうやく)を配合したもの、さらに卵胞ホルモンを加えたものなどがある。漢方処方としては、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂皮茯苓丸(けいひぶくりょうがん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などが用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

通経剤の関連キーワードミツバアケビカノコソウハマスゲガジュツアケビヨモギ通経薬通経虎杖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android