コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造袋術と嚢腫摘出術 ぞうたいじゅつとのうしゅてきしゅつじゅつ

1件 の用語解説(造袋術と嚢腫摘出術の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぞうたいじゅつとのうしゅてきしゅつじゅつ【造袋術と嚢腫摘出術】

 造袋術とは、病変部を切開(せっかい)し、外側の粘膜(ねんまく)部分と内側の嚢腫部分を縫い合わせて、膿汁(のうじゅう)の排泄口(はいせつこう)をつくる手術です。外来でも簡単に行なえる、もっとも代表的な外科的治療法です。
 これに対して、嚢腫摘出術は嚢腫そのものをそっくりとる手術で、ふつう手術室での処置を必要とします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

造袋術と嚢腫摘出術の関連キーワード帝王切開生石灰接架切開雪塊節介説戒せっかち狭匙狭匙で腹を切る

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone