コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連星パルサー レンセイパルサー

デジタル大辞泉の解説

れんせい‐パルサー【連星パルサー】

パルサー(高速で自転し、電磁パルスを発する中性子星)を含む連星。1974年、PSR1913+16という連星パルサーが発見され、自転周期公転周期の精密な観測により、一般相対性理論から予測される重力波を放出していることが間接的に確認された。この業績により、米国のジョセフ=テーラーラッセルハルスは1993年にノーベル物理学賞を受賞した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

連星パルサーの関連キーワードテーラー(Joseph H. Taylor Jr.)ハルス(Russell A. Hulse)マルチメッセンジャー天文学かぐら

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android