コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連星パルサー レンセイパルサー

1件 の用語解説(連星パルサーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れんせい‐パルサー【連星パルサー】

パルサー(高速で自転し、電磁パルスを発する中性子星)を含む連星。1974年、PSR1913+16という連星パルサーが発見され、自転周期公転周期の精密な観測により、一般相対性理論から予測される重力波を放出していることが間接的に確認された。この業績により、米国のジョセフ=テーラーラッセルハルスは1993年にノーベル物理学賞を受賞した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連星パルサーの関連情報