コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続変異 れんぞくへんいcontinuous variation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連続変異
れんぞくへんい
continuous variation

動物の体長や体重,植物の種子の大きさや重さなどのような量的形質に関する変異。これらの量的形質はある一定の範囲内で連続した変異を示す。彷徨変異 (個体変異) すなわち環境の変化に応じて後天的に生じた変異は非遺伝性の連続した変異となり,中央値の個体数が最も多く,その両極端に向って次第に個体数は減少して,いわゆる正規分布曲線を描く。また多数同義遺伝子 (ポリジーン) の作用で現れる数量的変異もこの型をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連続変異の関連キーワードβインフルエンザ抗原不連続変異ナミザトウムシ抗原連続変異抗原ドリフト抗原シフトベートソンイノシシ多型現象

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android