コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彷徨変異 ホウコウヘンイ

百科事典マイペディアの解説

彷徨変異【ほうこうへんい】

全く同じ遺伝子構成をもつ個体の集りの中でみられる形質の違い。一本の植物に実った種子の大小,軽重などがその例。形質の変動はある値を中心として両側に次第に減少していく山形の曲線,いわゆる正規分布を示す。山の両端,すなわち値の小さいもの,あるいは大きいものをとって子孫の形質の変動を調べても,中心値は変わらず,再び同様の曲線を示す。単一の遺伝子群が環境条件の影響のもとに生みだす表現型の確率論的な変異と解すべきもので,現在ではこの語はほとんど用いられない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の彷徨変異の言及

【純系説】より

…集団の構成が雑多であるときには選抜によって一定の方向に変異をかたよらせることができるが,集団が純系に近づけば,内部には環境による変異のみが存在し,選抜は無効であるという説。W.L.ヨハンセン(1903)がインゲンマメの重量に関する選抜実験を基に提唱した。市販のマメの重さを測定すると連続的な変異を示すが,これをいくつかの階級に分け,その子孫のマメの重さを測ると重い階級の子孫の平均は全体の平均より重く,軽い階級の子孫の平均は軽かった。…

※「彷徨変異」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android