コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彷徨変異 ホウコウヘンイ

デジタル大辞泉の解説

ほうこう‐へんい〔ハウクワウ‐〕【××徨変異】

個体変異

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

彷徨変異【ほうこうへんい】

全く同じ遺伝子構成をもつ個体の集りの中でみられる形質の違い。一本の植物に実った種子の大小,軽重などがその例。形質の変動はある値を中心として両側に次第に減少していく山形の曲線,いわゆる正規分布を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の彷徨変異の言及

【純系説】より

…集団の構成が雑多であるときには選抜によって一定の方向に変異をかたよらせることができるが,集団が純系に近づけば,内部には環境による変異のみが存在し,選抜は無効であるという説。W.L.ヨハンセン(1903)がインゲンマメの重量に関する選抜実験を基に提唱した。市販のマメの重さを測定すると連続的な変異を示すが,これをいくつかの階級に分け,その子孫のマメの重さを測ると重い階級の子孫の平均は全体の平均より重く,軽い階級の子孫の平均は軽かった。…

※「彷徨変異」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彷徨変異の関連キーワード環境変異連続変異

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android