中央値(読み)チュウオウチ

  • median
  • ちゅうおうち チュウアウ‥
  • ちゅうおうち〔チユウアウ〕

大辞林 第三版の解説

資料のすべてをその値の大きさの順に並べたとき、中央にくる数値。資料の個数が偶数なら、中央の順位に隣り合う二数の平均値。中位数。メジアン。メディアン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中位数ともいう。統計学において,標本値を大きさの順序に並べた場合,個数 n の折半点に位置する値。この値の上,下におのおの n/2 個ずつの値がある。 n の偶奇に応じ,あるいは,同じ値が2つ以上ある場合などは,技術的に特殊な扱いを要するが考え方は変らない。確率変数 X の場合は,XmXm も確率が 1/2 となるような数 m のことである。ただ一つに定まらないことがあり,若干手直しを要することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 数理統計で、一団の数値の大きさの目安として用いる数値の一つ。数値を大きさの順に並べたとき、ちょうど中央に来る数値をいう。数値が偶数個の場合には、中央の二つの数値の相加平均をとる。中位数。メジアン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中央値の言及

【メジアン】より

…離散型の確率変数が値x1,x2,……,xn(便宜上x1x2<……<xnとする)をそれぞれ確率p1,p2,……,pnで取るとすると,p1p2+……+pr-1≦1/2かつp1p2+……+pr>1/2となるrがただ一つ定まるが,このときxrをメジアンまたは中央値,中位数という。この値は確率変数Xの代表値として用いられることが多い。…

※「中央値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央値の関連情報