進藤純孝(読み)しんどう じゅんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

進藤純孝 しんどう-じゅんこう

1922-1999 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
大正11年1月1日生まれ。昭和21年新潮社にはいり,34年までつとめる。その間の30年「戦後文学旗手」,32年「反逆的作家論」を発表し,戦後文学を批評。35年「マス・コミの中の文学」以後,作家論にすすみ,「志賀直哉論」「伝記川端康成」「伝記芥川竜之介」などを刊行。44年日大教授。平成11年5月9日死去。77歳。東京出身。東大卒。本名は若倉雅郎(まさお)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android