コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進藤香塢 しんどう こうう

1件 の用語解説(進藤香塢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

進藤香塢 しんどう-こうう

1808-1876 江戸後期-明治時代の僧,漢詩人。
文化5年生まれ。近江(おうみ)大津の天台宗善通寺の住職。梅辻春樵(しゅんしょう)に漢詩をまなび,梁川星巌(やながわ-せいがん),服部慥斎らとまじわる。白鴎吟社をひらき,子弟におしえた。明治9年6月27日死去。69歳。名は真孝。別号に蘆花,浅水漁者。著作に「江南有別春詩」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

進藤香塢の関連キーワード八木奇峰浅見野井伊藤有終円桂壮裔大脇自笑柏木志那子関直吉高井存斎平尾儀七山登検校(2代)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone