逸品画風(読み)いっぴんがふう(英語表記)yi-pin-hua-feng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逸品画風
いっぴんがふう
yi-pin-hua-feng

国画の表現形式,描写形式を示す用語。唐末の朱景玄が『唐朝名画録』において,常法にかかわらない型破りのすぐれた品格の絵画や画家を逸品として格づけしたが,宋以後,逸品は神,妙,能の三品の上におかれるようになった。すなわち逸品とは,伝統的骨法用筆によらない非写生的で粗放な筆墨法による作品と,その作者に下された品等である。現在,そのような水墨画法を通常,逸品画風と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android