コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐朝名画録 とうちょうめいがろくTang-chao-ming-hua-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐朝名画録
とうちょうめいがろく
Tang-chao-ming-hua-lu

中国,唐末の画家伝。1巻。朱景玄の撰。撰述年代は文宗の没 (840) 後,会昌5 (845) 年の廃仏以前と推定されている。唐代の 124人の画家を神,妙,能の三品に分け,各品をさらに上,中,下に分けて格づけをし,ほかに逸品 (→逸品画風 ) 3人を加えたもの。唐代画家の伝記研究に不可欠の書。『王氏書画苑』『畫品叢書』など所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうちょうめいがろく【唐朝名画録 Táng cháo míng huà lù】

中国,唐代の朱景玄の撰になる,唐代の画家125人についての評論。神・妙・能3品おのおのを上中下3等に分けた通常の9品等の格外に逸品を加えた都合10品等に画家を評価し論評を付したもの。《古画品録》以来の〈画品〉の伝統を承け継ぐ一方,〈画の本法にあらず〉という逸品を設けて潑墨家王黙ら3名を漏らさなかった点はその卓見であり,中・晩唐画壇がはらんだ矛盾を後世に伝えた功績は大きい。【小川 裕充】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

唐朝名画録の関連キーワード尉遅乙僧呉道玄王墨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android