コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨法用筆 こっぽうようひつgu-fa-yong-bi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨法用筆
こっぽうようひつ
gu-fa-yong-bi

中国,南斉謝赫撰の『古画品録』に説く絵画の「六法」の第2にあたる規範。謝赫以前にも骨法の語は用いられているが,その意味は必ずしも明白ではない。対象の骨格を十分に表現しうる描線の意に解釈される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こっぽう‐ようひつ〔コツパフ‐〕【骨法用筆】

国画で、しっかりした描線で対象を確実に表すこと。→六法(りくほう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の骨法用筆の言及

【骨法】より

…中国画の用語。5世紀,南斉末の画家,謝赫(しやかく)の画の六法の第二則〈骨法用筆〉に由来する。謝赫は絵画の骨格を形成するものは用筆すなわち線描だと考えた。…

※「骨法用筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

骨法用筆の関連キーワード六法(中国絵画)六法(美術)逸品画風水墨画画論溌墨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android