コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅延線記憶装置 ちえんせんきおくそうちdelay line memory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遅延線記憶装置
ちえんせんきおくそうち
delay line memory

信号が遅延線を通るのに,ある時間かかることを利用して,情報を記憶しておく装置。短いパルス信号を遅延線の入口に加えると,これは一定の遅延時間後に他端に現れる。これを再生増幅器に通して波形をもとに戻し,再び遅延線の入口に加える。こうすると初めに与えた信号は,遅延線の中を循環している形で記憶される。記憶情報は再生増幅器のところで読出すことができる。デジタル情報の記憶に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android