コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐確斎 ゆさ かくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊佐確斎 ゆさ-かくさい

1748-1813 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延元年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。京都の宇井黙斎にまなび,藩校養賢堂でおしえる。藩主伊達斉村(なりむら)の侍読兼近習をへて,伊達周宗(ちかむね)の教育係となる。のち若年寄をつとめた。文化10年11月9日死去。66歳。名は好雄。字(あざな)は真卿。通称は清左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遊佐確斎の関連キーワードペグマタイト寛延クロプシュトック大槻朝元吉田文三郎(初代)イギリス・フランス植民地戦争クロプシュトック人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone