過小農(読み)かしょうのう

百科事典マイペディアの解説

過小農【かしょうのう】

戦前までの農村,農民をマルクス主義的分類でみたときに,経営規模が零細で家族の労働力を完全に吸収できず,農業だけでは生活できないような農民層。そのため,つねに農業以外の副業と結びつかざるをえない。資本主義が未発達で農村人口の多いところに過渡的に現れる事実上の半プロレタリアートである。
→関連項目地代

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android