コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過振り カブリ

2件 の用語解説(過振りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐ぶり〔クワ‐〕【過振り】

預金者が、取引銀行の当座預金残高、または当座勘定貸越契約の限度額以上に小切手を振り出すこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過振り
かぶり

当座預金勘定の支払いは、支払資金としてあらかじめ銀行に預託された当座預金残高を限度とし、これを超えて振り出された小切手・手形は原則として支払いを拒絶される(いわゆる「不渡り」)。ただし取引先の事情(信用力など)によっては、当座預金の残高を超えて一時銀行が立て替えて支払いをする場合がある。これを過振り(一時過振り)という。過振りは臨時に認められた当座貸越であるが、貸出金として不安が多く、回収が困難をきたす場合がある。なお、当座貸越契約があり、かつ貸越極度内であれば、立替え払いが発生しても過振りとはいわない。[那須正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone