コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過期産児 かきさんじ Post-term Infant

1件 の用語解説(過期産児の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かきさんじ【過期産児 Post-term Infant】

[どんな病気か]
 在胎(ざいたい)42週を超えた過期産で、皮膚の表皮剥離(ひょうひはくり)や亀裂(きれつ)・落屑(らくせつ)がみられ、皮下脂肪の少ないやせた体型の新生児が生まれることがあります。これは胎内で栄養不良状態(胎盤機能不全症候群(たいばんきのうふぜんしょうこうぐん))にあったためで、このような症状を示す新生児はジスマチュア児ともいわれます。
 胎盤、胎児(たいじ)とも予備力がないため、分娩(ぶんべん)中によく胎児仮死(たいじかし)をおこします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

過期産児の関連キーワードパタンナー代替財何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から在隊在胎期間テキスタイル・デザイナー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone