コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎児仮死 たいじかしFetal Distress

家庭医学館の解説

たいじかし【胎児仮死 Fetal Distress】

[どんな病気か]
 子宮・胎盤(たいばん)・臍帯(さいたい)(へその緒(お))・胎児間の血行障害がおこると、胎児は低酸素状態になります。これを胎児仮死といい、ふつう、胎児の心拍数が低下することでわかります。
 胎児の低酸素状態が続くと、重症の胎児仮死となって胎児の各臓器に障害がおこります。そのまま出生すると、引き続き重症の新生児仮死となり、微小脳障害および脳性(のうせい)まひ(「脳性まひ」)にいたります。さらに重症度が高い場合は、子宮内胎児死亡や新生児死亡に直結します。
 通常、胎児仮死は潜在性胎児仮死(せんざいせいたいじかし)と顕性胎児仮死(けんせいたいじかし)に分けられますが、いずれも十分な管理と迅速な対応が必要とされます。
 しかし現実には、入院中や外来診察時をのぞいて、すべての胎児仮死にすぐさま対応することは不可能です。
[原因]
 胎児仮死をおこす母体側の原因には、糖尿病(「糖尿病」)、心肺疾患、ぜんそくなどの無呼吸発作、過強陣痛(かきょうじんつう)(「過強陣痛」)などがあります。胎児側の原因としては、臍帯異常、低重量胎盤、過期妊娠胎盤、胎盤早期剥離(はくり)、羊水過少(ようすいかしょう)(「羊水過少」)などがあります。また、重症の妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)(「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」)の場合、ほとんどが胎児仮死をひきおこします。
[検査]
 妊娠中の胎児仮死の検査には、胎児心拍数モニタリング、尿や血液での胎児胎盤機能検査、超音波カラードップラー法による胎児の循環動態の把握などがあります。
 胎児を娩出(べんしゅつ)したときには、アプガーの採点法(コラム「アプガーの採点法」)で仮死の有無と程度を判定します。また、分娩(ぶんべん)直後の臍帯血(さいたいけつ)の血液ガス測定を行ない、仮死の程度を把握することも可能です。
[治療]
 胎児仮死の原因となる病気の治療が行なわれることはほとんどありません。顕性胎児仮死の場合は、母体へ十分な酸素を投与し、すみやかに胎児の娩出をはかります。娩出の方法には、吸引分娩(きゅういんぶんべん)や帝王切開術(ていおうせっかいじゅつ)などがあり、仮死の内容や程度によりそれぞれ選択されます。
●日常生活の注意と予防
 日常生活では、お母さんは胎動(たいどう)の消失・腹痛・破水感(はすいかん)などに注意を払い、医師との連絡を密にしておきましょう。また、外来受診時には、必要な検査はしっかり受けるようにしてください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の胎児仮死の言及

【分娩監視装置】より

…実際,検査するにあたっては,自動化された装置が多いので,陣痛用および胎児心拍数用トランスジューサー(エネルギー変換器=ヘッド)を,妊産婦腹壁に装着し(胎児心電図から心拍数をみるときには,胎児児頭に電極をつける必要がある),装置のスイッチを指令どおり操作すればよい。
[診断]
 分娩監視装置の使用によって,以下のような妊娠・分娩時の異常を早期に発見し,胎児仮死に対応することができる。(a)妊娠中の場合 この場合,妊婦が安静にしているときに外部から刺激を与えないで測定するnon stress test(NST)が最も一般的に用いられる。…

※「胎児仮死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胎児仮死の関連キーワード妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)サイナソイダルパターン子宮内胎児発育遅延新生児の呼吸障害妊娠中の健康管理分娩監視装置胎児機能不全分娩誘発法陣痛促進剤特殊な分娩NICU臍帯巻絡過期産児臍帯脱出鉗子分娩羊水検査NRFS出産子癇

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android