過法(読み)かほう

  • かほう クヮハフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 過酷な法律。重い刑法。厳しいおきて。〔史記‐韓非子伝〕
② 度をすごすこと。物事の程度がすぎること。
※玉葉‐寿永三年(1184)三月二三日「当時洛中之貴賤上下、道俗男女下官可吉慶事之由、謳哥、殆過法云々」 〔漢書‐韓延寿伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android