コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過疎法 カソホウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

過疎法

人口減少に伴う地域社会の活力低下を防ぐ目的で70年に制定され、10年単位の時限立法が4回更新された。現行法では「60~95年の35年間で人口減少率が30%以上」「96~98年の財政力指数の平均が0・42以下」などの要件を満たすと過疎地域に指定される。国が返済額の7割を負担する過疎債が活用でき、07年度の県内市町村の活用額は計85億円。市町村道や農道、上下水道施設などの整備が多い。

(2009-11-01 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

過疎法の関連キーワード県の過疎地域における集落実態調査過疎現象と市区町村合併過疎問題

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android