コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過疎地域自立促進特別措置法 カソチイキジリツソクシントクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

かそちいきじりつそくしん‐とくべつそちほう〔クワソチヰキジリツソクシントクベツソチハフ〕【過疎地域自立促進特別措置法】

平成12年(2000)に10年間の時限立法として施行された過疎対策法。人口の著しい減少に伴い活力が低下した過疎地域の自立を支援することにより、自然環境に恵まれた生活空間や、地域特有の産業・文化を活かした自立した社会の構築促進が目的。過疎対策法。過疎法
[補説]平成22年(2010)の改正法により、有効期限が平成28年(2016)3月まで延長され、地域医療・日常的交通手段の確保も財政支援の対象に含められた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

過疎地域自立促進特別措置法の関連キーワード過疎現象と市区町村合併和歌山(県)香川(県)限界集落過疎問題過疎債補説平成

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過疎地域自立促進特別措置法の関連情報